カフェ・飲食店・食品業のクレーム対応・クレーム対策マニュアルでは、カフェや飲食店、食品製造業におけるクレーム対応を検討しています。

これらの業種に共通するところは「食べ物・飲み物」を提供する業種であるということです。食べ物や飲み物は人間にとって必須で、最も重要な財です。

このような財を提供する業種であるからこそ求められる品質や工夫があります。

規範的に業務を執行するのみでは、消費者顧客からのクレームはなくなることはありません。さらに、品質を完全に満足するレベルに上げたとしても、クレームはなくなりません。

クレームは絶対にあるものなのです。クレームがあるということは悪いことではありません。

クレームを寄せてくる相手をよく理解し、そのような事例をどれだけリスクを低減して処理し、今後の事業に役立てることができるかを考えなければいけません。

TOP